‘2016/07’ カテゴリーのアーカイブ

喫茶店巡り

2016/07/21

喫茶店巡りが大好きです。
喫茶店独特の雰囲気や、マスターや店員との交流も楽しいですし。
仕事帰りに1杯のコーヒーを飲んで、会社から家へ帰る気持ちの切り替えに使ったりもします。
安く美味しいコーヒーが飲めるチェーン店も好きですし、マスターの趣味で営業しているような喫茶店を発見するのも楽しいんです。
この間ふらっと入った喫茶店の話をしますね。
その喫茶店は2階建てになっていました。
1階は喫茶スペースで、木の素材を大事に使った落ち着いた雰囲気で、一目で気に入りました。
壁を見ると、ハガキくらいの大きさからA4サイズくらいのイラストが展示されていまして。
モノクロのイラストからビビットなカラーイラストで、色んなタイプの女性がモチーフとなっていました。
マスターに聞いてみたところ、お知り合いの方が描いたそうで、初めてこの喫茶店で個展を開いたとの事でした。
作者へのメッセージノートがあって、何かあったらどうぞとペンと一緒に渡されたので、展示されたイラストの中で私の目を一際ひいた黄色が多用された女性のイラストについての感想、そして、ネットでの発表の場所やアート関係のイベントがあるのを知っていたのでその情報を書いた上で「たくさんの方に見てもらえて、イラストレーターとして活躍なさる事を期待しています」と添えてからノートを閉じ、マスターに渡しました。
その喫茶店ではランチメニューを頼み、プレートで出てきたそれは盛りだくさんな肉と野菜とご飯。
どれもとても美味しかったです。
2階はオリジナルブランドの洋服屋になっていて、今度じっくり眺めてみたいと思います。ライスビギンの洗顔石けんを実際に試してみました!

ある本にハマりました

2016/07/05

私は最近ある本にハマっています。

今度映画化もされる作品で、図書館で借りたのですが、予約待ちがすごくて、この間ようやく順番がまわってきました。

内容は、難病を抱えた女の子が、ある他人に関心を持たない男の子に話しかけ、仲を深めていく、というものでした。

この女の子は、とにかく明るくて、周りも笑顔になってしまうような子です。

読んでいく内にどんどん好きになっていきました。

男の子も不器用ながら、本当は他人の気持ちがわかる優しい男の子なのです。

どちらも応援したくなる二人で、会話の掛け合いも面白いです。

会話を考える著者のセンスを感じました。

会話が多いので、さくさくと読める作品でした。

最初は明るい女の子のことをうっとうしがっていた男の子でしたが、だんだんと心を開いていきます。

それがすごく自然で、スーッと頭に入ってきました。

一番印象に残っているシーンは、女の子が死んでしまった時、普段感情を見せなかった男の子が号泣するところです。

そしてそれまで明かされなかった男の子の名前が明らかになります。

男の子の気持ちが文面から伝わってきて、すごく感動しました。

そして女の子がずっと書いていた日記のような文書も書かれていて、その内容もまた泣かされました。

賞をもらう位素晴らしい作品なので、色々な人に読んでもらいたいです。

Bookmarks
Archive